「龍神さんからのSOS」~室生龍穴の超自然龍神~

こんちゃー、望月優次こと優次ちゃんこと、僕です。

石木野日ノ姫の話が途中なのですが、急遽別の連載を挟みます。

今回は、ある龍神さんが彩楓に助け(?)を求めて来たお話です。

記事の中程に動画も埋め込んであります。


【龍神「それボクちがうし・・・」】


5月の末、彩楓は書斎でパソコンに向かっていた。

鑑定やブログの更新などが一段落し、SNSでもチェックしようとブラウザを開くと、突然、書斎の空気が変わった。

なにかが、来ている。

隣のデスクにいた夫、優次に声をかけようとしたが、声が出せない。

しかし、イヤな感覚ではないし、初めてでもなかった。

これは、人間からとても遠い、故に言語はかえって邪魔にしかならない、お互いに魂の奥の奥、核の部分をむき出しにしてそっと触れ合うような「かけはなれたモノ」だ。

マウスに乗せていた手が、自然と動いた。

なにかのリンクをクリックする。

開いたページには「室生龍穴」の画像があった。

「かけはなれたモノ」は、ここの龍神だ。

不器用にも繊細に触れ合う魂に、龍神の感情が流れ込んでくる。

それを受け取り、感じると、「かけはなれたモノ」は優しくそっと離れていった。

彩楓は、自分の肉体を感じた。

濁流のように、血が流れ、内蔵が動いている。

人の体は、とても煩い。

もう、喋れるだろう。

しかしまずは、さっき受け取った感情を、自分の中で吟味する。

私ではないものが、私のフリをしている。

それは不本意であり、残念であり、仄かなイラつきでありつつ、それもまあよいという達観に、少しの拗ねも入ったような、敢えて一言でいうなら、「虚しさ」。

それが、龍神から伝わってきた感情だった。

巨大な真っ白な紙に落ちた、一点の小さな小さな染み。

清浄であればあるほど、たったひとつの微細な染みが、よく目立つ。

圧倒的スケールの龍神の存在に、「虚しさ」という微小な点が染みているようだった。

彩楓は、隣のデスクにいる優次に向き直り、こう言った。


「室生龍穴に行くよ」


【道中】


6月のはじめ、彩楓は夫の優次の運転で室生龍穴に向かっていた。

室生龍穴に行くのはこれで二度めだ。

後部座席で、彩楓は最初の訪問を思い出していた。

2017年の1月、その時は、神社で案内係のような霊的存在がおり、「では、奥へお進みください」と言われ、山の奥の龍穴へ行った。

そこで龍神にアクセスすると、その超自然的な宇宙規模の存在感に圧倒されてしまった。

その龍神は、それまでに会ったことのある龍神とは違う次元にいた。

根源的で原始的、金銀白朱蒼、そんな色もなく、黒、もしくは無色透明の存在。

そんな龍神のスケール感から人間の文明や都市をみると、地球の表面にへばりついた薄皮のようだった。

 

龍穴2

 

車窓から流れる景色をみる。

民家がなくなり、田畑もなくなり、自然が濃くなる。

龍穴に近づくほどに、意識が拡大していき、肉体感覚が希薄になる。

自分の乗っている車が、単純でちっぽけなオモチャに感じられる。

車が走っている道路よりも、その下の地層、マグマの存在を強く感じてしまう。

運転席から、夫の優次が何か話しかけてくる。

それをきっかけに、意識が自分の肉体に戻っていく。

やはり、煩い。心臓はもちろん、胃や腸がうごめいている。

朝食を、食べてこなければよかった。


【到着】


彩楓は車から降り、境内に足を踏み入れた。

入ってすぐ横にある手水舎で手を洗い、鳥居の前に立つ。

何か、おかしい。

おかしさの原因は、すぐにわかった。

地域一帯に感じられ、近づくほどに強くなっていた龍神の氣が、境内に入ると消えていた。

鳥居の内側を眺めると、普通の、街なかの公園でも見ているような、そんな感覚。

鳥居が、逆に作用している。その内側だけが重たい。

 

龍穴3

 

正面には、拝殿がある。

苔むした屋根、杉の巨木。荘厳なビジュアルだが、迫力がない。

氣が、せまってこないのだ。

「あの中に・・・」と彩楓は思った。心が冷たくザワつく。

今日自分は、このために来たのだ。確かめなければ、ならない。

彩楓は一礼をし、鳥居をくぐった。


【拝殿】


一歩一歩、踏みしめる砂利の音、小鳥のさえずり、それらに覆いかぶさる、ガアンゴオンという重い金属音。

神社の向かいにある工場の音が、何かを暗示するように響いていた。

拝殿の前に立つ。鈴を鳴らそうと思ったが、手が出ない。

少し離れ、改めて拝殿を眺めるが、参拝する気にならない。

「呼び出してはならない」と思った。

怖かった。

今この鳥居の内側は、龍神の氣も届かない、いわば向こうのホームグラウンドだ。

呼び出して対峙すれば、一瞬で呑み込まれるのではないか。

安全策をとり、持ってきた龍笛を吹いてみようと思った。


【龍笛】


カメラをまわしていた夫に、龍笛を持ってきてもらった。

拝殿の周りを歩きながら、どこで吹こうか考える。

裏に回って本殿も見てみたが、やはり拝殿がおかしいと思った。

本殿と拝殿の間から、拝殿に向かって吹いてみると、最初こそ音が出たが、すぐに押し返すような氣に阻まれてしまった。

少し場所を替えてまた吹いてみるが、やはり押し戻されてしまい、ついには掠れた音さえ出せなくなった。

試しに拝殿を背にして外側に向かって吹いてみたら、ちゃんと音が出せる。

本殿は清浄さが保たれており、参拝もできた。

やはり拝殿の中に「なにか」がある。

龍笛を吹けば、龍神の氣が届いて一気に解決できるかと思ったが、そうも甘くないようだ。

ここはひとまず、龍穴で龍神に会ってこよう、と彩楓は思った。

 


 

【ボクはこう思うんです】


願うことは悪いことじゃありません。

求めたければ求めればよいのです。

願いたければ願えばよいのです。

問題は、「あなたは本当にそこで願いたいのか?」です。

調理されたおいしそうなステーキが目の前にあったら、「食べたい」と思うのは自然なことでしょう。

しかしあなたが今、群れをなして大移動しているような自然動物の雄大な営みを、ヘリから俯瞰視点で見てるとしたら、

その中の一頭にフォーカスし、さらにその筋肉や内臓などの部位を想像して、「食べたい」と感じるでしょうか。

よほどお腹がすいていれば、思うこともあるかもしれません。

しかしそれはよほどの極限状態、飢餓状態という特殊なケースではないでしょうか。

ましてやそれを実行に移すとなると、莫大で膨大な手間と費用がかかりますよね。

ステーキを食べたければ、近所のステーキハウスに行ったり、あるいはスーパーで肉を買ってきてそれを調理すれば簡単に食べられます。

ステーキを食べたい人がステーキを食べるために

「異国の雄大な自然をヘリから眺めて生命のうねりを感じるツアー」

に参加して、他の参加者がヘリの中でそれぞれの感想を言い合う中で、

「俺はあの川の前にいる仔牛の肩を炭火焼きで食うわ」

と言ったら、やっぱりおかしいですよね。


【祈りのTPO】


ブッダは菩提樹の下で全宇宙との一体感を得て悟りを開きました。

その場所は、宇宙規模のエネルギーが降りてくる稀有な場所だったのだと思います。

室生の龍穴もまた、そのような場所だと思います。

宇宙空間に、惑星よりも巨大な龍が、地球をグルリと包み込んで浮かんでいる。

透明な体に、宇宙の黒が透けてみえるのか、龍自体が黒いのか、判然としないが、確かに龍なのだ。

そんな様を想像してください。

古来から人々はそこで祈り、瞑想し、己の魂の根源を感じてきたのだと思います。

魂の根源に立ち返り、触れ、思い出すような、そういうエネルギーを感じたとき、「あれが欲しい」「こうしたい」「こうなりたい」という我欲は出てきません。

そういう願いはあくまで一個人という枠の中に意識が収まっている状態で出てくるものだからです。

我欲が悪いということではありません。


我の外側を感じているとき、人は必然として我欲を感じない


ということです。

だから自分が今、ステーキハウスにいるのか、自然を俯瞰するヘリの中にいるのか、

ステーキのメニュー表から顔を上げて、自分の目で確認するのがいいのです。

そこがステーキハウスなら、堂々と食べたいものを注文すればいいし、ヘリの中なら自然の雄大さを楽しめばいいのです。

それが、自分の五感、あるいは六感でその場のエネルギーを感じるということではないでしょうか。

「え? そうだったの?」~彩楓が神様に聞いた意外な話~

どうもー! 望月優次です。

今回は、彩楓がとある神様から聞いた、古事記や日本書紀とはちょっと違うお話を紹介したいと思います。

205aeb26

 


■ きっかけは龍神さんだった

 

彩楓は、毎年年末になると、新年にむけての年間鑑定を行っています。

これまでは霊視による鑑定結果を伝えるスタイルでしたが、2018年は「神様鑑定」なるものをやってみました。

きっかけは2017年に頻繁に彩楓の元へ龍神様が来るようになった事です。

上の金龍さんの画像は、彩楓が霊視した姿をアーティストの深雪さんに描いてもらったものです。

金龍さんの特徴は、大きな腕と、ツルっとした発光する液体金属みたいな胴体で、性格はかなりオラついています。

この金龍さんと、それとは対照的な性格の、おじいちゃんキャラな白龍さんが代わる代わるやってきては、なんやかんやとアドバイスをくれるのです。

そのアドバイスを公開したら大好評で、またそのアドバイスを見た人の元にも龍神様が出るようになり、こういう神界からのメッセージをそのまま伝えるのもいいかもしれないな、ということで神様鑑定をすることになりました。

初めての試みである「神様鑑定」は8分でソールドアウトし、追加募集も合わせると、彩楓は22人のお客様+1人(僕でーす)に神界からのメッセージを降ろす事になりました。

でも・・・、みんなにちゃんと神界からメッセージが来るだろうか・・・。

そんな不安がありましたが、やってみればどこ吹く風、古今東西あらゆる神様達が降りてきてお客様全員にメッセージをくれました。

今回メッセージをくれたオール神様ーズを紹介します。(順不同)

 

 

■ これが今回のオール神様ーズだ!

 

●渋い爺さん「白龍様」

●オラオラ系の頑固者「金龍様」

●宇宙神様サミット日本代表「天照大神様」

●昭和のお母さん「観音様」

●優しいお姉さま「阿弥陀如来様」

●昭和の体育教師「不動明王様」

●ザ・水墨画「松の神様」

●ジブリに出てきそう「名もなき土の神様」

●永遠の少女「巨翼の天使様」

●宝塚な美しさ「大天使ウリエル様」

●日本神界のオネエキャラ「少彦名命様」

●記紀にちょっと物申す!「石木野日ノ姫様」

●猛々しい北風「素盞嗚命様」

●ほんとに櫛じゃねえか!「櫛名田姫様」

●女の生き様を極める!「須世理姫様」

●陽気で優しく何でもできちゃう南国の肝っ玉母さん「サラスヴァディ様」

●ギラつく古代神「ジェウバ・ウトゥ様」

●地球は大きなお母さん「ガイア様」

●謎の影の実力者「鳳凰様を使いにする謎の男性神様」

●許し、寛容、慈悲「盧遮那仏様」


やる前は多分、白龍さんか金龍さんが多いだろうと思っていましたが、なんともまあ豪華な顔ぶれです。

さてここで「ん? こんな神様知らんぞ」と思った方もいるかもしれません。

それもそのはず、この中には一般的には情報のない神様が含まれています。

その中でも今回は、石木野日ノ姫(いわきのひのひめ)様のエピソードを紹介いたします。



■ 霊視

 

クライアントさんの守護神とつながろう意識し、霊能を開放する。

次の瞬間、彩楓の意識は、柔らかい木漏れ日がそそぐ森の中にいた。

 

659820457-e1527125209523

 

森の中には、丸みを帯びた大きな石があり、「これが神様だ」とわかった。

石は地面から突き出ており、地面の下でどのくらい大きいかはわからないが、地上に出ている部分は直径1mほどのこんもりしたものだ。

石からは、女性的な優しさと、石らしい堅実さと賢さのようなものが入り混じった暖かいエネルギーが出ていた。

「神道系の、女性神だな・・・」

そう思いつつ、さらに石へと霊能をフォーカスしていく。

 

432744811-e1527125231398

 

すぐに情報が降りてきた。

 

●神の名は石木野日ノ姫(イワキノヒノヒメ)

●この名は人々に知られていない

 

「珍しいな・・・」と彩楓は思った。

これまでの経験で、名乗る神様は少ない。

西洋の神様や天使系などが名乗る事はあったが、神道系で名乗った神様は、これまでの鑑定歴でも初めての事だった。

続いて、「自分にまつわる神話は間違ったまま広まっているので、本当の事を伝える」という意思が入ってきた。



■ 石木野日ノ姫(イワキノヒノヒメ)かく語りき

 

私は、妹の木花咲耶姫と一緒に、ニニギ様の元へ嫁がされました。

これは父が決めた事で、私の本意ではありませんでした。

ニニギ様は、内面と態度に差がある方で、そういうところが私は嫌でした。

しかし父が我ら姉妹をニニギ様の元に嫁がせるのも、戦略的に理解できる事なので従ったのです。

私と妹が、ニニギ様の元へ降り立ったとき、ニニギ様は私に畏怖されました。

心の中を覗かれることを恐れ、近くにいられては困るということで、私だけを追い返しました。

私はこのとき、安心し良かったと思いました。

本意ではない相手と結婚せずに済んだのですから。

しかしそのため、本来人間に渡されるはずの恩恵が減ったのです。

父は、妹の華やかさと儚さ、そして私からの恩恵を人間に与えるために姉妹で嫁がせたのに。

ニニギ様は恐怖心からそれを手放してしまったのです。

神界に帰った私は、その後、内面をしっかり見合える真実の愛で別の神様と結ばれ、幸せに暮らしました。

そして神界から妹を見ておりましたが、妹は、ニニギ様の元で苦労し可哀想でした。

ニニギ様の嫉妬や疑いが酷かったのです。

だから私は妹を、一旦殺して取り戻し、神界で蘇らせました。

神界に戻った妹は、たくさんの木や花を咲かせ復活し、そこで幸せになれたのです。

物語は一気に脳に転写されてくる。

それをしっかりと受け取り、咀嚼して言語に翻訳しながら、3次元に残してある意識の一部で手を動かしメモを取る。

神界と繫がっているのだ。いつもの霊視をするときよりさらに高次に意識が飛んでいる。

その状態で同時に肉体を意図をもって動かすのはとても疲れる。

しかし情報量が多いと、どうしてもメモを取らなければならない。

寝起きの瞬間は、さっきみた夢を覚えているが、歯を磨いている間にすっかり思い出せなくなってしまう。

しかし、起きてすぐにメモをとっておけば、そのメモをみるとすべてを思い出せる。

それと似ているかもしれない。

石木野日ノ姫様は、物語を伝え終えてから、今度はクライアントさんへのメッセージを伝えてくれた。

その情報量もまた大きかったが、しっかりと受け取った。

一通りの霊視が終わり、メモの情報を整理し、やっと一息つくことができた。

ペットボトルの水を口に含むと、まだ脳が霊視モードの余韻にあるせいか、水のエネルギーがよくわかった。

 

 

■ 記紀との違いなど

 

僕は彩楓からこの話を聞き、早速調べてみました。

木花咲耶姫は元々知っていたし、「ニニギ」は邇邇芸命のことだろうとわかります。

霊視の段階で、このニ柱の神様だけ名前が出てきたのは、彩楓が知っている神様だったからなのかもしれません。

 

sakuya

木花咲耶姫のビジョン。画像では猛烈さが足りないですが、

もっと猛烈に桜吹雪が渦巻いているそうです。

 

お姉さんに関してネットで調べてみると、石長姫(イワナガヒメ)と呼ばれていました。

ということは、石長姫の本当の名が「石木野日ノ姫」ということです。

続いて姉妹の父親について調べてると、大山積神(おおやまつみ)という神様でした。

なんとなく聞いた事はありますが、あまり印象がありません。

ネットで記紀の情報を調べると、石長姫は見た目が醜く、それが原因で追い返された可愛そうな神様で、長寿の神徳があるとされていました。

古事記の、姉を追い返したせいで長寿の血が入らなくなり人間が短命になったという記述とは符合しますが、日本書紀の、追い返された事を恥じ恨んだ姉が、人間に短命の呪いをかけたという説とは違いますね。

また日本書紀には、妊娠した木花咲耶姫を呪ったと書いてありますが、これは「妹がかわいそうだったから一旦殺して神界に戻した」という話がそうなってしまったのかもしれません。

それから古事記に出てくる木花知流比売(このはなちるひめ)が同一神だという説があります。

古事記では木花知流比売は素盞嗚命の息子である八島士奴美神(やしまじぬみのかみ)と結婚しています。

石木野日ノ姫は、「神界に戻り真実の愛で結ばれた別の神様と結婚して幸せに暮らした」と言っているので矛盾はありませんので、同一神という説は正しいかもしれませんね。

神徳に関しては、妻が霊視中に感じた石木野日ノ姫の力は「真実の愛・縁結び・健康」だったそうです。

この辺りも一般的に言われているものとは少し違いますね。

 

ninigi

邇邇芸命のビジョン。下は金色の稲穂だそうです。

 

 

■ 言葉のちから

 

神様がわざわざクライアントさんへのメッセージとは関係なく、こんな話を教えてくれたのですから、これは広く世間に公開すべきだと思いました。

言葉には、力があります。言霊というやつです。

石木野日ノ姫も、石長姫ではなく、石木野日ノ姫という本当の名で呼ばれてこそ、本当の神徳である「真実の愛・縁結び・健康」を参拝者に授けることができるだろうし、また、そうしたいからこそ、彩楓に教えてくれたのだと思います。

この記事を読んだ読者の皆様、お姉さんが祀られている神社へ参拝される際は是非「石長姫」でなく「石木野日ノ姫」と呼んで参拝してみてください。

石木野日ノ姫の真の力、「真実の愛・縁結び・健康」のご加護を受け取れますよ!

 

 

■ 余談

 

それはそうと、邇邇芸命、えらい言われようですね。

石木野日ノ姫の話だけ聞いていると、天照大神の孫ってだけのボンボンかい! と思ってしまいます。

ここは是非、邇邇芸命からも話を聞いてみたいですよね。

彩楓ともそんな話していたのですが、なんとその日の夜に、邇邇芸命さんから彩楓にアクセスがありました。

神様も一方的に言われっぱなしだと、自分の言い分を言いたくなるんでしょうね。

邇邇芸命、自分の言い分をしっかりと伝えてくれました。

というわけで、その話はまた次回!




またしても石から妖精が飛び出してきたのです~霊視クイズもあるよ~

先日、石から妖精が飛び出してきた記事を書きましたが、

これは、その二週間後くらいに、別の石から別の妖精が出て来たときの話です。


radra0.jpg


年末にクローゼットを整理していた彩楓は、積み重ねられたいくつかの箱をみつけました。
それはパワーストーンの入った箱で、以前買ったまま放置されていたのもでした。
一つ一つ開けて中を確認してみると、それぞれ個性的なエネルギーを持った石達が出てきました。


●ムンクの叫びの顔だけを切り取ったような内包物たくさんの水晶
●小ぶりな手のひらサイズのクラスター
●恐竜の爪の化石みたいなラブラドライト


それぞれを最適な場所に

彩楓は石達の霊視をし、それぞれを家の中の最適な場所に置いていきました。
ムンクの水晶はストイックな修行僧のようなエネルギーだったので仕事部屋に。
手のひらサイズのクラスターは穏やかな浄化能力とかわいい見た目からセッションルームへ。
恐竜の爪のラブラドライトは男性的な強い剛の浄化エネルギーだったので寝室の鬼門へ。


radra1.jpg


それぞれが収まるべきところへキレイに収まった!
そう思った妻でしたが、箱はもう一つありました。
その中に入っていたのは、大きめの三角おにぎりみたいなラブラドライト。


霊視してみると・・・

霊視するとエネルギーは、とても強い浄化能力。
小さいながらも恐竜の爪のラブラドライトと同じくらいのエネルギーを持っていました。
ただしエネルギーの質は剛でも柔でもないその中間くらい。
さてこれはどこに置こうか。
少し考えてみましたが、いい置き場所が思いつきません。
しかし我が家に来た石は必ず行き場所があって来ているのです。
家の中にないのなら、これが必要な人が必ずいるという事だ。
そこで彩楓は三角オニギリのラブラドライトをネットショップに出品することにしました。


とりあえず書斎の棚に置いておいたら・・・

彩楓は、出品準備ができるまで、とりあえず書斎の棚に石を置いておきました。
僕は彩楓からその石の写真を撮るように言われていたのですが、つい忘れてそのまま放置していました。
石を棚に置いたまま2,3日経った頃、彩楓がこんな事を言ってきました。


「今度はこの石から妖精出てきたわ」

え? 珠海さんみたいなの?

「いや、いちいちムカつく感じのやつ
 なんか小言を言ってくるんだよ
 正しい事言ってくるんだけど言い方が人をおちょくるような感じでムカつく」


彩楓によるとその妖精は、例えばこんな小言を言ってくるそうです。
こまめに片付けた方がいいのは分かっているけど、
つい飲み終わったマグカップをデスクに放置していたりすると、


「ほらほらまーた置きっぱなし、そんなだから部屋が汚れてくんだよ」


いちいちこんな感じでウザいそうです。
見た目もいかにも小生意気な感じだというので、彩楓に描いてもらいました。


radra2.jpg


確かにクルクルヘアと口元の微笑が生意気そうな印象です。
それはともかく、生意気な妖精付きの石として売るべきなのか。
売れたとしても石を送った先では妖精が出てこなくなるかもしれません。
どうしたものかと悩みながらも、とりあえず出品用の写真を撮りました。
何枚か撮ったのですが、彩楓に見せるとそのうちの一枚に妖精のエネルギーが写っているとのこと。
妖精そのものは写ってないのですが、今まさに石から妖精が出てこようとしているエネルギーのほとばしりのようなものだそうです。


というわけで霊視クイズです

次の写真のうち、どれに妖精のエネルギーが写っているでしょうか。


radra3.jpg


答えは記事の最後にあります。


やはり行き先は決まっていた

結局この石、売る前から売れていきました。
写真を撮ったその日の夜に、妻がお客さんと電話セッションをしている中で、
なんとなくこの生意気妖精の話をしたら、


「絶対に欲しい、ショップには出さないでほしい」


と言われたのです。
その方は妖精がとても大好きだそうで、しかもこういう小言キャラを必要としていたとのこと。


彩楓が「本当ですか? こんな生意気なのでいいんですか?」


と言ったら



「妖精をウザがるなんて、贅沢ですよ!」


と怒られたそうです。


命名「ラドラ」ちゃん

後日、石の発送準備をしていると、買ってくれたお客様から連絡があり、
既に妖精の名前も決めて受け入れ準備は万端とのこと。
名前は「ラドラ」だそうです。
どんだけ愛されてんだ・・・彩楓とお客さんの温度差すごいなぁ・・・
と思いながら梱包しました。
発送後、彩楓の元にお客様から写真が届きました。
彩楓が霊視すると、石が妖精界とのゲートストーンとしてパワーアップしており、
さらにゲートがばっちり開いて妖精界と繋がっている瞬間の写真になっていました。
クイズの写真より強くハッキリと妖精のエネルギーが出ているそうです。
その写真を、お客様に了承を得て公開します。


radra4.jpg


湧き水で週に一回は浄化をされているそうです。
とても大切にされ、愛情を持って接し、話しかけられているようで、
彩楓いわく、そんな環境でラドラの態度も変わっているようです。
ウチにいて彩楓にウザがられプンスカしながら嫌味たらしく小言を言っていたラドラではなく、
相変わらず口数は多いものの、励ましたり褒めたりするデレキャラになっているようです。
結局ラドラは、最初からこのお客さんのところに行くつもりでウチに出てきたんだと思います。
彩楓が視るとこのお客さんとラドラの相性、最高にバッチリなんだって!
-----------------------------------------------------------------------------------------------
クイズの答え B

radra.jpg

プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR