スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢の旅④ 妖怪ウザカワ

おいえええええ

なんという久々、優次です!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

救世観音を見た後、その日の宿に向かったのですが、空模様がだんだん曇ってきました。

宿に着いた頃には小雨が降っていました。

チェックインを済ませ部屋に荷物を置き、ちょっと買い出しでも、と家族で部屋を出ました。

通路の突き当りが、上半分に窓ガラスのついた引き戸になっていました。

そこは非常口になっていて、引き戸の向こうは外階段のようです。

 

IMG_3162

 

上半分が見えて、下半分が見えないと、なんとなく窓の向こうをのぞいてみたくなるものです。

引き寄せられるように僕達は非常口に向かいました。

 

実際の写真

IMG_2910

 

見ての通りただの外階段だったのですが、彩楓が突如

 

「ああ! ええ? ちょっと、ココ!」

 

と大きな声で驚いて、次の瞬間急にヒソヒソ声になり

 

「ねえねえ、ここね」

 

と僕に耳打ちしてきました。

僕もつられてヒソヒソ声になりながらもわけわからず

 

「え? 何々?」

 

「ここ、妖怪がいるんだけど・・・ブフォwww」

 

妖怪だと? それは尋常じゃないな! しかし彩楓はなぜが語尾が吹き出している。

 

「妖怪てヤバいんじゃないの? つうか何で笑ってんの?」

 

「いや、それがさ・・・」

 

なんでも、階段の上に人間ではない何かが座っており、

 

IMG_3164

 

あれ? これ変だな普通の霊でもないし、と思ってみていると、そいつはクルっと振り返り

 

IMG_3163

 

おっといけねえ、オイラとした事が、

人間に見つかっちゃいけねえのに、

こりゃしまったしまったウエッヘヘヘ

 

と言いながら、自分で頭をペチペチしながらピョコピョコと階段を降りていったそうです。

しかしその言葉とは裏腹に、そいつは明らかに自分からわざと見つかろうとしていて、

階段を降りていくにもわざとゆっくりと降りて行きながら時々振り返り、やたらとアピールしていたそうです。

つまり、キャラ的にかなりウザい感じなのですが、見た目や動きとかがコミカルなので少し可愛くもあり、総合的にはウザ可愛い奴。

 

どんな? どんな姿してんの?

 

小さくて丸い黒い目、鼻はあったかどうかよくわからないがツルっとしていた。

耳は、イルカやアザラシのように、小さな穴だけが開いており、耳たぶはない。

頭だけが大きく、体は小さく痩せている。

ほぼハゲだが、少し毛があり、それが濡れて頭に張り付いている。

 

つまりこんなん↓

IMG_3165

 

あ、そ、そうなの・・・で、そいつ悪さとかしないの?

 

大丈夫大丈夫、人間が悪さして怒らせれば何かするだろうけど、基本いいやつでこの旅館にお客さん呼んでると思う。

 

へー、面白いね、それでこの旅館は繁盛してんのかねえ。

 

などと話しながら買い出しに行き、戻ってくる頃にはすっかり外は暗くなっていました。

しばし部屋でくつろいで、さて大浴場に行くか、と部屋を出ました。

非常口がどうしても気になります。

そっと伺うように眺めていると、彩楓が小さい声で

 

いる、今いるよ・・・頭が、窓の向こうに見えてる。

 

またもウザ可愛さを発揮し、アピールしているようです。

よろしい、ならば撮ってやろう!

早速、スマホで動画を撮りながら近づきました。

 

撮れるかな~?

 

しかし近づいたときにはもういませんでした。

動画を、視える人が視ても妖怪は映っていないと思います・・・残念 ><

しかしすぐそばの部屋の名前が「耳なし」とは・・・

旅館の人もウザ可愛い奴に気づいているのかな?

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

つづくぞ!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。