スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢の旅① 伊勢の神様に会う前に

キノコもりもり優次です( ,_ノ` )y━・~~~

伊勢の旅、その①です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

朝の5時半、荷物とまだ寝ている息子、そして犬を車に積み込んだ。

彩楓は助手席に乗り、僕の運転で伊勢に向かう。

だがその前に寄るところがある。

うけちんの神社で伊勢参りに行く旨の挨拶をした。

彩楓は最近、うけちんからのメッセージを僕に教えてくれない。

うけちんに「教えるな」と言われたという。

僕が、彩楓に頼って自分でメッセージを受け取る努力をしなくなるからだそうだ。

 

鳥取から伊勢までは車で5時間ほどかかる。

青空がキレイで、高速の運転は気持ちよかった。

息子と犬は寝ていて静かだったが、彩楓は久しぶりの旅行にはしゃいでいた。

 

IMG_2929b

 

ワーワー喋り続け、歌を歌ったりしていた。

道のりの半分を過ぎた頃、それまでうるさくしていた彩楓が突如、

 

眠たい。すげえ眠たい。これ今寝れるわ

 

IMG_2930b

 

と言い出した。

これはとても珍しいというか初めての事だ。

彩楓は基本眠りが浅く、夜中でもちょっとした物音で目が覚めるタイプであり、

布団の中でさえそうなので、電車や車などでは気が散って到底眠れない人間だ。

その彩楓が走っている車の助手席で寝るというのだ。

 

本当に? 寝れるの?

 

うん、これは多分伊勢参りへの準備だね アハハハ

 

などと冗談を言ったかと思うと、そのまま彩楓は眠ってしまった。

 

入れ違いに息子が起きて、お腹が減ったと言い出した。

そういえば、寝ているところをそのまま車に乗せてきたので、息子は朝食を食べていなかった。

サービスエリアに入り、息子にラーメンを食べさせ車に戻った。

試しに彩楓に話しかけてみると、寝ぼけているような感じだったが普通に受け答えをしていた。

再び高速を走りだすと、彩楓はまた寝てしまったのか静かになった。

しばらくすると、突如助手席の彩楓がパンパンと柏手を打ったかと思うと喋りだした。

 

いっやー、マジすごかったわー。伊勢はなんかすごい事あるよ。

 

今度は寝ぼけた感じではなく、完全に起きてはっきりと喋っていた。

何がどうすごいのか聞いてみると、彩楓は寝ている間、あるビジョンを視ていたという。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

ビジョンは、何もない暗い空間に、声が響くところから始まる。

声はこう言った。

 

外より入りて、始まる

 

すると空間の中を、遠くから白装束に赤い袴の巫女さんが近づいてくる。

 

IMG_2931b

 

巫女さんは片足を一歩出し、出した前足に後ろ足を揃え、一拍おいてからまた片足を出す。

そんなゆっくりとした動作で、少しずつ近づいてくる。

やがて彩楓の前まで進んでくると、3つの紙を差し出し、

「この中から1つを選んでください」と言う。

彩楓は、迷うことなく左の1つを選び、手にとった。

すると紙は、サラサラとした羽織るような白い着物に変わった。

彩楓がその着物を着ると、それまで暗かった何もない空間に、色彩が波のように一気に拡がる。

草、木、花、池、空、それらが視え、ふと池に目をやると、池の中から何かが飛び上がった。

それは金色の鯉だった。

 

IMG_2932b

 

鯉は空中で龍に姿を変え、美しく色づいた世界を風のように駆けた。

グルリと大きく彩楓の背後に周り、彩楓の股の間を通りながらその背に彩楓を乗せた。

 

IMG_2924

 

彩楓を乗せた龍は小山ほどの高さまで上昇し、

まるで色づいた世界を彩楓に見物させるように何周か回った後、海へ出た。

彩楓が龍の背から海を見下ろすと、海には宝船が浮かび、船から七福神が彩楓に手を振っている。

 

ill_0112

 

彩楓もそれに応えて手を振り返す。

 

するとまた声がした。

 

内より、これからのこと

 

遠くに光り輝く大きな玉があり、玉からは光の帯が集中線の形で出ておりまるで日章旗のようだ。

 

IMG_2935b

 

光の帯はカクカクとした動きで玉の周りを回っている。

滑らかな動きではなく、デジタル的にカクついているところが面白い。

彩楓の前に色とりどりたくさんのオーブが集まってきて、それぞれが喋っている。

 

どれを選ぶ?

どれでもいいよ?

僕でもいいし、こっちでもあっちでもいい。

全部でもいいよ。

さあ選んで選んで。

 

IMG_2937b

 

巫女さんの3つの紙は迷わず選べた彩楓だったが、

数えきれないオーブからは選ぶ事ができず困ってしまった。

意識はある。外界の様子もわかるし優次や息子の声も聞こえる。

しかし目を開ける事ができない。ビジョンが終わらない。

オーブを選ぶまで終わらないのか、だがなぜか、どうしても選ぶ事ができない。

 

ああもう嫌だ、早く起きたいよー

 

そう言うと、突然うけちんの声がした。

 

やれやれ、柏手を2回打てばいつでも自分で起きられるから

 

IMG_2939b

 

早く起きたかった彩楓は言われた通り柏手を2回打つ。

するとそれまで開こうとしても開かなかった目がパっと開きビジョンは終わった。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

サービスエリアで少し僕と会話できたのが、丁度ビジョンの前半と後半の間だったらしい。

彩楓は前半の龍の背から七福神に手を振ったところで起きようとして僕と会話していたが、

どうしても目を開ける事ができずにまたビジョンが再開し、後半に入ったという。

このビジョンを得て、僕達はこう理解した。

 

外より入りて、始まる

まず外宮に参拝する。

(今になって調べてみると、お伊勢参りの作法として外宮→内宮は当然らしいです)

 

白い着物を着て龍に乗って飛んでいく

外宮にて霊的な次元での準備を整え(多分行けば勝手に整う)内宮へ向かう

 

内より、これからのこと

内宮では日章旗みたいな光の玉(多分、天照大御神)と

たくさんのオーブ(何だか不明)があって

そこでビジョンの続きをするのか他の何かがあるのか

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

つづく!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コメント消えちゃった(;_;)

綺麗な世界だったのかな?
そんな気がするなぁ。

Re: 美夜さん

コメント消えちゃった?
送信前に消えちゃったって事かな?

世界はキレイだったそうですよ
宮崎アニメみたいな感じらしいです
プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。