スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊と暮らす③

こんにちはー優次でーす。


②の続き


攻撃が人間的かつ少ししょぼい事と、起こしてくるタイミングがよかった事、
この2つが相まって、よくわからない霊を勝手にいい奴だと思い込んだ僕。
でも寝ている時に叩いて起こされるのはやはり嫌なので、
窓側から反対の押入れのほうにベッドを動かしてそこで寝るようにしました。
するとその日から叩いて起こされる事もなくなりました。
どうもその霊は南の窓付近にいるようです。

しかし平穏な日々もつかの間、今度は金縛りにあうようになりました。
最初に金縛りにあったときは、なんか動けないのが苦しくて必死に身体を動かそうと抵抗していました。
意識を集中して「うおおおお」って頑張るとパっと解けるんです。
そうやって金縛りを解除していたんですが、週一だった金縛りが3日に一回、
やがて毎日のように金縛りにあいました。
そうなると金縛りにも慣れてしまって、抵抗をやめてしまうんです。

金縛りの前触れに、脳の血管が急に拡がったように「ビキーンィンィンイン」
みたいな感覚があるんですが、それがきたらもう


なんだお前またきたのか はいはいどうぞ


と身を委ねるようになってしまいました。
身を委ねると、意識だけが真っ暗な縦穴に落ちていきます。
底のない井戸に投げ込まれたみたいに、ヒューンと落ちていくのですが、
速度がどんどん上がるんです。

 

otiru

 

スカイダイビングの最高速度は200~300キロだそうですが、
それを超えてドンドン加速していくんです。
(スカイダイビングしたことないけどとにかくすごい速度感なわけです)
そしたら僕もだんだん怖くなってくるんです。

これ以上いったらもう肉体に戻れないんじゃないか?


そう思うとすぐに帰りたくなって気持ちを上に向けてわけのわかない気合を発します。


うおおおお! 戻れえええええええ! とやると


ギュイイイイン! ともう超鋭角な感じで方向転換して落ちる時よりさらに早い速度で身体に戻れます。

戻るとそのまま目も開けられるし身体も動きます。
布団から身を起こし、

うわあ、すごかったな今日の・・・
あのまま落ちていったらどうなってたんだろう・・・
・・・次はもっと落ちてみよう

 

つづく

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。