スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたずらっこがおる!

こんにちはー、優次です。


先日、親類の家にお泊りしてきました。
築60年くらいの古民家です。


夜、そこの四畳半に布団を敷いて寝ていたのですが、妙な体験をしました。
これが実際の現場写真です。

 

kominka03

 

別角度

kominka01


深夜、辺りは虫の音もなく静まり返り、豆電球が襖と障子に囲まれた4畳半を弱く照らしていました。
布団で寝ている僕の足の間では犬のイヌエルが丸くなっており、隣の布団には彩楓と息子(2歳)が寝ていました。
突如、障子を挟んだ向こう側から、男の子の声がしました。


「××××××××××××××××××××××××」


ぼんやりとくぐもった感じだったので、何と言ったかはわかりませんでしたが、
「○○だよね」みたいな、質問形式で何かを確かめるような語りかけだったのはわかりました。
障子の向こうは土間になっていて、土間と屋外の間には玄関があり、しっかりと施錠してあるので、誰かが外から入ってくる事はありません。
またその夜、この家にいた子供は僕の息子だけです。その息子は彩楓の布団で眠っています。


一体誰が障子の向こう、真っ暗な土間から声をかけてきたのでしょう・・・。


僕は怖かったので、返事もせずに、声のした障子を見つめていました。
すると、また・・・


「××××××××××××××××××××××××」


さっきと同じ事を言っているようでしたが、また内容はわかりませんでした。
僕は怖くなって「うわああああああああ!」と大声を出しながら柏手をパンパンパンパンと何度も打ち鳴らしました。


すると、目が覚めました。


そう、夢でした。
現実世界では、辺りは虫の音もなく静まり返り、豆電球が襖と障子に囲まれた4畳半を弱く照らしています。
布団で寝ている僕の足の間では犬のイヌエルが丸くなっており、隣の布団には彩楓と息子(2歳)が寝ています。
夢とまったく同じ状態でした。


よく、心霊体験談なんかで「あれは夢だったのか現実だったのか今でもよくわかりません」なんていうのがありますが、
まさにそれだと思います。夢の中で現実世界とまったく同じシチュエーションの中にいて、そこで心霊現象を体験し、
目が覚めると夢と現実世界がまったく同じで、でもその時の夢は、いつもみる夢とはどうも違う感じで、夢と現実の間のユラユラした世界。


起きた僕はドキドキしながら半身を起こし、夢の中で声のした障子を見つめます。

 

kominka03


しかし声は聞こえません。
怖いなーと思いながらも再び布団に潜ると、足の間で寝ていたイヌエルがゴソゴソと起きだして、部屋の中を徘徊します。


イヌエルが歩くと、畳と爪が擦れてカシャッカシャッカシャッカシャッと音がします。
イヌエルは部屋を一周するとまた布団の中に潜ってきて、僕の足の間で丸くなりました。


イヌエルの存在を少し心強く思いながら再び寝ようと目を閉じると、またイヌエルの足音が聞こえます。


カシャッカシャッカシャッカシャッ・・・・


しかし当のイヌエルは僕の足の間で丸くなっています。ホカホカした柔らかい塊があるので間違いありません。
今度は夢の世界でもなく完全なる現実世界です。


え? え? 何これ? 何が部屋を徘徊しているんだ?


ガバっとまた半身を起こすと、徘徊音は止まります。
しかしそのまましばらく静かにしていると、また・・・、カシャッカシャッカシャッカシャッ・・・・


怖ええええ! これ怖ええええってマジでやべえんじゃねえのおお?


ネズミ? ネズミとかが歩いてんでしょ? 豆電球で暗いから姿が見えないだけで、畳の上をネズミが歩いてんでしょ?


とか思いながら部屋中あちこち睨みつけるようにキョロキョロと確認していると、


壁と天井の境目が、ホタルみたいにポワ~ンっと光りました。

 

hotaru


えええ、もうやめてよ~・・・、火災報知機とかのセンサーがあって光っただけでしょ?
暗いしメガネしてないからわからんけども、そうそう、絶対なんかのセンサーが設置してあんだよあそこ。


と自分を励ましながらも、もう限界ですなと思ったので隣の布団の彩楓をユサユサして起こしました。


僕「ねえねえ、ねえ!」( ・ω・)


彩(ー_ー)...zzZ乙


僕「ねえって!」バチンバチン( ゚д゚)ノ


彩「・・・ああ? 何もう! こんな夜中に」プンスカプンスカヽ(* `O´ *)ノ


僕「この部屋ヤバいって、何かいるよ!」《(;´Д`)》


彩「大丈夫だよ、悪いのはいないから」( ̄~ ̄)


・・・悪 い の は ?(´゚д゚`)


彩「早く寝なよ、もう起こさないでね、おやすみ!」( ´ρ`)。o ○


彩楓はすぐにまた眠ってしまいました。
仕方なく僕も寝ました。カシャカシャいう音はほっといて寝ました(悪いのではないらしいので)。


翌朝、例の光った場所をみてみました。実際の写真をご覧ください。


これ

kominka02


センサーない・・・何故光るかココ
おいアヤカこれどういう事か、説明求む


彩「化かされたっていうか遊ばれたっていうか、そんなとこだね。まあ問題はないよ別に」


ふーん、とっても怖かったけどね! プンスカ(`Д´)!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。