スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍神さんからのSOS」~室生龍穴の超自然龍神~

こんちゃー、望月優次こと優次ちゃんこと、僕です。

石木野日ノ姫の話が途中なのですが、急遽別の連載を挟みます。

今回は、ある龍神さんが彩楓に助け(?)を求めて来たお話です。

記事の中程に動画も埋め込んであります。


【龍神「それボクちがうし・・・」】


5月の末、彩楓は書斎でパソコンに向かっていた。

鑑定やブログの更新などが一段落し、SNSでもチェックしようとブラウザを開くと、突然、書斎の空気が変わった。

なにかが、来ている。

隣のデスクにいた夫、優次に声をかけようとしたが、声が出せない。

しかし、イヤな感覚ではないし、初めてでもなかった。

これは、人間からとても遠い、故に言語はかえって邪魔にしかならない、お互いに魂の奥の奥、核の部分をむき出しにしてそっと触れ合うような「かけはなれたモノ」だ。

マウスに乗せていた手が、自然と動いた。

なにかのリンクをクリックする。

開いたページには「室生龍穴」の画像があった。

「かけはなれたモノ」は、ここの龍神だ。

不器用にも繊細に触れ合う魂に、龍神の感情が流れ込んでくる。

それを受け取り、感じると、「かけはなれたモノ」は優しくそっと離れていった。

彩楓は、自分の肉体を感じた。

濁流のように、血が流れ、内蔵が動いている。

人の体は、とても煩い。

もう、喋れるだろう。

しかしまずは、さっき受け取った感情を、自分の中で吟味する。

私ではないものが、私のフリをしている。

それは不本意であり、残念であり、仄かなイラつきでありつつ、それもまあよいという達観に、少しの拗ねも入ったような、敢えて一言でいうなら、「虚しさ」。

それが、龍神から伝わってきた感情だった。

巨大な真っ白な紙に落ちた、一点の小さな小さな染み。

清浄であればあるほど、たったひとつの微細な染みが、よく目立つ。

圧倒的スケールの龍神の存在に、「虚しさ」という微小な点が染みているようだった。

彩楓は、隣のデスクにいる優次に向き直り、こう言った。


「室生龍穴に行くよ」


【道中】


6月のはじめ、彩楓は夫の優次の運転で室生龍穴に向かっていた。

室生龍穴に行くのはこれで二度めだ。

後部座席で、彩楓は最初の訪問を思い出していた。

2017年の1月、その時は、神社で案内係のような霊的存在がおり、「では、奥へお進みください」と言われ、山の奥の龍穴へ行った。

そこで龍神にアクセスすると、その超自然的な宇宙規模の存在感に圧倒されてしまった。

その龍神は、それまでに会ったことのある龍神とは違う次元にいた。

根源的で原始的、金銀白朱蒼、そんな色もなく、黒、もしくは無色透明の存在。

そんな龍神のスケール感から人間の文明や都市をみると、地球の表面にへばりついた薄皮のようだった。

 

龍穴2

 

車窓から流れる景色をみる。

民家がなくなり、田畑もなくなり、自然が濃くなる。

龍穴に近づくほどに、意識が拡大していき、肉体感覚が希薄になる。

自分の乗っている車が、単純でちっぽけなオモチャに感じられる。

車が走っている道路よりも、その下の地層、マグマの存在を強く感じてしまう。

運転席から、夫の優次が何か話しかけてくる。

それをきっかけに、意識が自分の肉体に戻っていく。

やはり、煩い。心臓はもちろん、胃や腸がうごめいている。

朝食を、食べてこなければよかった。


【到着】


彩楓は車から降り、境内に足を踏み入れた。

入ってすぐ横にある手水舎で手を洗い、鳥居の前に立つ。

何か、おかしい。

おかしさの原因は、すぐにわかった。

地域一帯に感じられ、近づくほどに強くなっていた龍神の氣が、境内に入ると消えていた。

鳥居の内側を眺めると、普通の、街なかの公園でも見ているような、そんな感覚。

鳥居が、逆に作用している。その内側だけが重たい。

 

龍穴3

 

正面には、拝殿がある。

苔むした屋根、杉の巨木。荘厳なビジュアルだが、迫力がない。

氣が、せまってこないのだ。

「あの中に・・・」と彩楓は思った。心が冷たくザワつく。

今日自分は、このために来たのだ。確かめなければ、ならない。

彩楓は一礼をし、鳥居をくぐった。


【拝殿】


一歩一歩、踏みしめる砂利の音、小鳥のさえずり、それらに覆いかぶさる、ガアンゴオンという重い金属音。

神社の向かいにある工場の音が、何かを暗示するように響いていた。

拝殿の前に立つ。鈴を鳴らそうと思ったが、手が出ない。

少し離れ、改めて拝殿を眺めるが、参拝する気にならない。

「呼び出してはならない」と思った。

怖かった。

今この鳥居の内側は、龍神の氣も届かない、いわば向こうのホームグラウンドだ。

呼び出して対峙すれば、一瞬で呑み込まれるのではないか。

安全策をとり、持ってきた龍笛を吹いてみようと思った。


【龍笛】


カメラをまわしていた夫に、龍笛を持ってきてもらった。

拝殿の周りを歩きながら、どこで吹こうか考える。

裏に回って本殿も見てみたが、やはり拝殿がおかしいと思った。

本殿と拝殿の間から、拝殿に向かって吹いてみると、最初こそ音が出たが、すぐに押し返すような氣に阻まれてしまった。

少し場所を替えてまた吹いてみるが、やはり押し戻されてしまい、ついには掠れた音さえ出せなくなった。

試しに拝殿を背にして外側に向かって吹いてみたら、ちゃんと音が出せる。

本殿は清浄さが保たれており、参拝もできた。

やはり拝殿の中に「なにか」がある。

龍笛を吹けば、龍神の氣が届いて一気に解決できるかと思ったが、そうも甘くないようだ。

ここはひとまず、龍穴で龍神に会ってこよう、と彩楓は思った。

 


 

【ボクはこう思うんです】


願うことは悪いことじゃありません。

求めたければ求めればよいのです。

願いたければ願えばよいのです。

問題は、「あなたは本当にそこで願いたいのか?」です。

調理されたおいしそうなステーキが目の前にあったら、「食べたい」と思うのは自然なことでしょう。

しかしあなたが今、群れをなして大移動しているような自然動物の雄大な営みを、ヘリから俯瞰視点で見てるとしたら、

その中の一頭にフォーカスし、さらにその筋肉や内臓などの部位を想像して、「食べたい」と感じるでしょうか。

よほどお腹がすいていれば、思うこともあるかもしれません。

しかしそれはよほどの極限状態、飢餓状態という特殊なケースではないでしょうか。

ましてやそれを実行に移すとなると、莫大で膨大な手間と費用がかかりますよね。

ステーキを食べたければ、近所のステーキハウスに行ったり、あるいはスーパーで肉を買ってきてそれを調理すれば簡単に食べられます。

ステーキを食べたい人がステーキを食べるために

「異国の雄大な自然をヘリから眺めて生命のうねりを感じるツアー」

に参加して、他の参加者がヘリの中でそれぞれの感想を言い合う中で、

「俺はあの川の前にいる仔牛の肩を炭火焼きで食うわ」

と言ったら、やっぱりおかしいですよね。


【祈りのTPO】


ブッダは菩提樹の下で全宇宙との一体感を得て悟りを開きました。

その場所は、宇宙規模のエネルギーが降りてくる稀有な場所だったのだと思います。

室生の龍穴もまた、そのような場所だと思います。

宇宙空間に、惑星よりも巨大な龍が、地球をグルリと包み込んで浮かんでいる。

透明な体に、宇宙の黒が透けてみえるのか、龍自体が黒いのか、判然としないが、確かに龍なのだ。

そんな様を想像してください。

古来から人々はそこで祈り、瞑想し、己の魂の根源を感じてきたのだと思います。

魂の根源に立ち返り、触れ、思い出すような、そういうエネルギーを感じたとき、「あれが欲しい」「こうしたい」「こうなりたい」という我欲は出てきません。

そういう願いはあくまで一個人という枠の中に意識が収まっている状態で出てくるものだからです。

我欲が悪いということではありません。


我の外側を感じているとき、人は必然として我欲を感じない


ということです。

だから自分が今、ステーキハウスにいるのか、自然を俯瞰するヘリの中にいるのか、

ステーキのメニュー表から顔を上げて、自分の目で確認するのがいいのです。

そこがステーキハウスなら、堂々と食べたいものを注文すればいいし、ヘリの中なら自然の雄大さを楽しめばいいのです。

それが、自分の五感、あるいは六感でその場のエネルギーを感じるということではないでしょうか。

スポンサーサイト
プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。