スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢の旅⑤-2 神のフリをするもの

秋になったな! 優次です( ,_ノ` )y━・~~~

細切れにてお送りしております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

神社についてからも、彩楓はあまり気が乗らなかった。

小雨が降り止まない。

そのせいかはわからないが、息子も「いかない」と言っている。

しかし優次は先に降りてさっさと行ってしまった。

昨夜、地図を見たときには、確かにココに来るべきだと感じた。

その感覚には自信を持っている。

きっと、来るべき何かがあるのだろう。

 

image

kumori

 

気の乗らぬまま、彩楓は車から降りた。

一礼して鳥居をくぐると、何だか嫌な感じがした。

優次が手水舎から声をかけてきた。

 

「ねーねーこの手水舎、面白いよー」

 

行ってみると、石のカエルの口から水が流れていた。

手水舎の柱やその周りには、やたらと立て札や張り紙があった。

古くて剥がれかかっているものあれば、

先週に貼ったばかりのような新しいものもあったが、

内容は、ネガティブで細かく、強い口調のものばかりだった。

 

子供は悪さをするな

大人は子供をよく見張っておけ

汚すな

あちこち勝手に触るな

 

それを見ていると、嫌な感じがますます強くなった。

高架下コンクリートの落書き。そういうものを連想してしまう。

 

image

rakugaki

 

普段なら、すぐに引き返す。

こんな場所には一時もいたくない。

しかし、もしかしたらそれは、食わず嫌いだったのかもしれない。

こんな場所でも、行ってみれば案外すごい神様がいたり、

霊的にすごいエネルギーがあったりするのかもしれない。

不安の中に、少しの希望を見出す。

ここは、来るべきと感じた場所だ。

自分がここに来ると決めた手前もあり、今更引き返すわけにもいかない。

 

社殿のほうから、一人の男がこちらに向かって歩いてくる。

服装から、一見してここの神職だとわかる。

まだ若い。

挨拶をしようと、目を見た。

 

その瞬間、相手は顔を伏せ、挨拶を拒否した。

彩楓は驚いた。

神職の者は、普通礼儀正しい。

プライベートならともかく、少なくとも境内で装束を着ている間は、参拝客と目が合えば挨拶するものだ。

 

--殺伐としている--。

 

そう思った。

まるで、電車で乗り合わせた他人同士のようだ。

 

image

image132

 

やはり、ココはおかしい。

彩楓はそう思いながら、カエルが吐き出す水で手を洗った。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

つづくよ

スポンサーサイト
プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。