スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のこだわり

おはようもっこす、優次です。

引っ越してから霊的存在が彩楓の夢に出てくる事が増えました。

国や宗教関係なく色々なのが出てきては何か伝えてくるそうです。

パワースポットとはまた違うと思いますが、霊的にアクセスがしやすい場所というのがあるのかもしれません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

さて、例のうけ様ですが、お供えや参拝の仕方を割りとこまかく指示してくるそうです。

食物の神様だけあって、米の供え方にはやはりこだわりがあります。

その他の、水や酒、塩などは言語だけだったのですが、米だけはビジョン付きで教えてくれたそうです。

 

一般的に米は、こういうお皿に盛って供えますよね。

kamisetu-015

 

しかしうけ様は紙に包んで供えるビジョンを見せてくれたそうです。

 

包むってどういう風に包むの?

なんかね、和紙みたいなのに載せてパタパタパタって折るの

 

まったくわかりません。

ネットで調べてみました。

色々な画像をみて彩楓が

 

あー、多分これだわ

 

と言ったのがこの中の5番の折り方です。

無題

 

四角や五角ではなく、六角形だったのでおそらくこれだろうという事です。

そして供えたら置いていかず持ち帰り、自分で食べるそうです。

僕もそのほうがいいと思います。

供えたまま帰ると、鳥が食べにきてフンをしていくからです。

食べるだけならいいのですが、フンをしていくので本殿が汚れていきます。

99705f38

 

さらにうけ様のこだわりは参拝にもあります。

一般には、二礼二拍手一礼が神社の流儀ですが、

うけ様いわく

 

うん、それでもいいんだけどね、

四拍手のほうがいいね。

伝えたい事がある時は、拍手の後、声に出して言うか、

心の中でしっかりと念じるといいよ。

 

だそうです。

 

調べると、出雲大社も4拍手のようです。他にも8拍手の作法もあるようです。

2拍手の作法は、明治期に国によって統一されたもので、それまでは神社ごとに色々な正式作法があったそうです。

神様からみれば、そりゃ人間の勝手な都合だよって事かもしれません。

スポンサーサイト

コンコン事件⑧

バイオメタノール! 優次です( ,_ノ` )y━・~~~

コンコン完結編です。

 

コンコン事件  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

その後、引っ越しをしまして、一番に神棚を取り付けました。

早速中に入れるお札をもらおうと、彩楓と一緒にコンコン神社に出かけ社務所を尋ねました。

神主さんは不在で、その奥さんと思われるおばあさんが対応してくれました。

 

IMG_1020

 

「お札ください」

何のお札がいいですか?」

 

色々な種類のお札が十数種類くらいありました。

お稲荷さんのお札はどれかと尋ねると

 

「特に神様ごとのお札はなくて、ご利益ごとのお札になります」

 

お稲荷さんが担当しているご利益はなんだろうか、というかそもそもご祭神は何ですか?

 

「わかりません」

IMG_1021

 

すると彩楓が、

 

「お稲荷さんなんだからご利益は商売繁盛だよ」

IMG_1022

 

と言うので「商売繁盛」をもらう事にしました。

 

するとおばあさんが、

 

「アマテラス様の御札は必ずセットで祀る事になっているのでそれもつけておきます」

IMG_1023

 

この時僕の蓄えていた例の豆知識が発動しました。

 

アマテラスといえば天津神のトップ、

国津神から見ればある意味侵略者、

一緒に祀られるのは本当は嫌なのではないか?

 

「いりません」

IMG_1024

 

「え?」

 

困惑するおばあさん、しかしここは頑としてお断りし「商売繁盛」だけ買って帰りました。

 

なんやかんやで翌朝・・・

パンをもしゃもしゃしながら彩楓が

 

「そういえばねー、夢にうけちん出てきて色々喋っていったわ」

IMG_1025

 

以下その内容▼

 

「別にね、拝みたいものを拝めばいいんだけど、

そりゃあね、勝った負けたはあるけども、ね、

それもちゃんと理由、役割があってのことなんだ。

あの方だってちゃんと日本を守ってるんだよ。

それをそんなに嫌ったりする事なんてないんだよ」

 

というわけで、どうも使いのキツネが勝手にイラついているだけで、うけ様自身は気にしてないようです。

というか、うけ様はむしろ崇め奉られるのが苦手なようです。(彩楓談)

 

それから彩楓の守護霊様も彩楓にこんな事を言ってきたそうです。

 

私があの方(うけ様)について何か言うなんておこがましい事なんだけど、

あなた(彩楓)に関係ある事だから言うわね。

ちょっと疑ってる節があるようだけど、

あの方から学ばせていただける事はたくさんあるはずだから、

安心して学ばせていただきなさい。

 

ということで、彩楓のみならず彩楓の守護霊様も大丈夫と言っているのでうけ様はちゃんとした神様のようです。

使いのキツネちゃんは一癖も二癖もありそうですけど・・・( ̄ー ̄;)

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

コンコン事件、完

神道豆②+コンコン事件⑦

グッドムーミン、優次です(´▲`)

まずは神道豆の続きを書きます

 

コンコン事件  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

国津神と天津神の抗争の末、天津神が勝利し日本はアマテラスが統治する事になりました。

アマテラスの子孫、ニニギノミコトのそのまた子孫が神武天皇(じんむてんのう)で、初代の天皇になります。

さて、稲荷神はというと、ウカノミタマはスサノオの子でオオクニヌシのおじさんにあたるので国津神です。

ウケモチノカミはスサノオが降り立つ以前から大地にいた神なのでネイティブ国津神です。

 

なぜコンコン事件の合間にこんな豆を書いたかというと、

僕の推測によれば( ,_ノ` )y━・~~~

キツネの「こっちのほうがすごいのになんであいつばっか」的な嫉妬はつまり

 

自分の仕える神様はすごい神様なのに小さく粗末な末社に置かれ、

後からきた天津神が豪華な本社に主祭神として祀られ大事にされている

 

のが気に入らないのではないか・・・

 

とまあそれが書きたくて神道の豆を書いたのです。以上です。

 

神道豆② 終わり・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

ではコンコン事件の続きを書きます。もうコンコンはあまり出てきませんが・・・。

 

⑥の後、引っ越す物件を正式に決定し契約を済ませました。

そして引越し前の準備として部屋の内寸を測るためにもう一度引越し先に訪れました。

 

僕が例の珍しく気持ちいい北側の部屋の寸法をせっせと測っていると、

 

IMG_1015

 

彩楓が窓の外を見て驚いていました。

 

IMG_1017

 

どうしたと僕も窓の向こうを見てみると・・・

例のうかっちゃん(仮)の神社の鳥居が、ちょうど見えるのです。

部屋と神社の間にはビルや家などの建物が遮蔽物になっているのですが、

この部屋の北側の窓からの角度だと、そこだけエグッたかのように鳥居まで視界を遮るのもがないのです。

どおりで北側なのに部屋の気がいいわけです。

引っ越したらすぐにこの窓の上に神棚を設置しようと決めました。

 

 

まだつづきます・・・

神道の豆豆①

うっひっほー( ,_ノ` )y━・~~~

優次です。

ここでまた一息、まあみなさん、お菓子でもどうぞ。

いつものようにあなたの家のキッチンに何かを用意しておきましたよ

○ヽ(=´Д`=)ノ●

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

今回の事で付け焼き刃に仮初の知識を蓄えたのですが、

直に忘れるに違いないので覚えているうちに書き留めておきます。

前回の豆で稲荷神にも神道と仏教で違いがあるという話をしましたが、

今回は神道にフォーカスしていきたいと思います。

 

昔の神々には性別の概念がなかったそうです。

造化三神とよばれる

 

・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)至高の神

・高御產巣日神(たかみむすひのかみ)統治の神

・神産巣日神(かみむすひのかみ)生産の神

 

の3柱をはじめとして、7柱の性別をもたない神々がいました。

 

ossan7

※この画像は神様ではありません

 

その後に現れたのが、男女対になった神々です。

その中の一対が、伊邪那岐(いざなぎ)伊佐那海(いざなみ)です。

 

Izanami_izanagi

夫婦で仲良く混沌をつついている図

「見てよナミちゃん、僕、海作っちゃったよ」

「あらナギさん、とっても上手ねぇ」

 

この2神はたくさんの神々を産みましたが、伊邪那岐が単独で産んだ最後の3神を特に三貴子といいます。

 

三 ・天照大御神(あまてらすおおみかみ)

貴 ・月読尊(つくよみのみこと)

子 ・素盞鳴尊(すさのおのみこと)

 

sankisi

アマテラス・ツクヨミ・スサノオ(パズドラより)

 

この末弟のスサノオがアマテラスとなんやかんやあった末に出雲の地に降り立ち、八岐之大蛇(やまたのおろち)を退治して以後、出雲の地を統治するようになります。

 

その後、スサノオの子孫である大國主命(おおくにぬしのみこと)が統治領土をどんどん拡大して日本全土を統治していきます。

 

808

オオクニヌシ(パズドラより)

 

ところがこれを高天原から見ていたアマテラスが、自分達が日本を統治すると言い出し自らの子孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を日本に降り立たせます。

 

amaterasuninigi

アマテラスとニニギ、高天原にて

「ニニちゃん、コレあげるからしっかりやってくるのよ」

「わー、すごいこれ稲穂だ! 僕がんばります!」

 

ニニギ達は九州から統治を始め、次第に全国へと勢力を拡大させていきました。

 

スサノオ以来、地上にいて日本を統治していた神々を国津神(クニツカミ)
高天原にいて、後から地上に降りてきた神々を天津神(アマツカミ)

と呼びます。

 

やがて日本は国津神の勢力と天津神の勢力に2分され、ついに2大勢力の全面戦争となっていきます。

 

 

つぞーく!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※これは現時点での僕なりの解釈であり、他にも色々な説があります。

コンコン事件⑥

 

バミューダ! 優次です(=´ω`=)y─┛~~

 

コンコン事件  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

⑤から数日後、件のお稲荷さんを彩楓と一緒に訪ねました。

大きな本社を華麗にスルーし、摂末社のお稲荷さんへ一直線。

 

IMG_0956

 

僕がドキドキしながらカバンから財布を取り出し小銭を用意していると・・・

 

IMG_0957

 

彩楓が僕を差し置き勝手に鈴を鳴らしました。

そしてそのまま無言になる彩楓・・・。

ちょっと! キツネは?

IMG_0958

IMG_0959

IMG_0960

 

なんだよと思いつつ僕も鈴を鳴らし柏手を打ちなんとなくお祈りしました。

すると彩楓がペコっと一礼し社を後にし、車へと戻り始めたので僕もそれに続きました。

歩きながら、「どうだった?」と聞いても彩楓は無言です。

 

もう一回「どうだったの?」と聞くと

 

んー、こんな事、優次に言っても無理じゃないかなって思うんだけど・・・

 

え? 何何?

聞きたい?

当たり前だろ!

まずねー、今回の件、私は関係なくてねー、お稲荷さんが用事あるのは・・・優次さん・・・

あ-な-た-で-す-よー!!!!!

IMG_0954

ひえー! ジョババーああああ!

 

はい、セールスマンはさておき、彩楓いわく鈴を鳴らすと同時に色々言われたそうです。

そしてお稲荷さんの話を聞いている間、僕が話しかけてくるのが大変邪魔だったそうです。

お稲荷さんの話はというと、まず第一声が

 

稲様「遅かったねぇ・・・」

 

さらに

 

稲様「まあ、それはそうと、これからの事だけどね・・・」

 

という事で、これからの事を色々聞き、稲様こだわりのビジョンも見せてくれたのですが、僕個人への話だったので公表はしないでおきます。

 

稲様と書いていますが、便宜的に勝手に書いているだけで、声の主がそう名乗ったのではありません。姿も見せてくれなかったそうです。ただ、声の感じでは男性神でおじいさんの雰囲気だそうです。ゆっくりと、言葉をひとつひとつ区切りながら丁寧に話してくれたそうです。

 

それからキツネは出てこなかったそうです。

引っ込んで隠れていたか、お使いでどこかに行っていたのでしょうか。

 

そういえば、来る前にうかない感じだったのは何でなの?

 

あれはね、もし待ってるのが悪霊で私が太刀打ちできない強い奴だったらどうしようってちょっと心配だったんだ

 

彩楓は過去に何回か神社で悪霊に勧誘された事があるそうです。

その経験から、ものすごく強力な悪霊に、息子や僕を人質に脅されることを心配していたようです。

神社という場所は、神様もいますがそれ以外に、どこに行ったらいいかわからない浮遊霊や、神頼みにくる人の心に付け入ろうとする悪霊も集まるそうです。

 

その後家に帰り神道の稲荷神を画像検索しました。

稲荷神とは御饌津神(みけつのかみ)、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)や保食神(うけもちのかみ)、豊宇気毘売命神(とようけびめのかみ)、大宣都比売神(おおげつひめのかみ)

などの総称(集合体?)のようで、色々な画像が出てきましたが、

彩楓曰く声のイメージに一番近いのが↓の画像だそうです。

 

ukanomitamanokami

三浦康道作:宇迦之御魂神

 

だからといって声の主が宇迦之御魂神かどうかわかりませんが、とりあえず男性神である事は間違いなかろうという事で、

以来我が家では、うかっちゃん、うけちん、みけさん、などと呼んでいます。

 

 

 

えー、続きます!

コンコン事件⑤

おっす、オラ優次、続きを書くよ( ,_ノ` )y━・~~~

 

コンコン事件  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ある日、仕事のついでにではなく、ちゃんと引っ越しの下見のためにスケジュールを組んで某市に行く事になりました。

 

この時は不動産屋さんも同行し、ちゃんと候補物件の内覧もさせてもらいました。

不動産やさんの車に乗せてもらい、案内してもらいました。

その結果、候補もほぼ絞られ、よかったよかったと家路についたのですが、

その車中にて

 

どうだった? ちゃんと霊視しといた?

 

うん、エネルギーが悪い物件はなかったよ、それと物件Aは悪いどころかいいエネルギーの部屋があった。

 

へえ、どの部屋?と聞いてみるとその物件の北側の部屋で、北側があんないいエネルギーなのは珍しいそうです。

さらに彩楓はこんな事を言い出しました。

 

案内してもらってる移動中に、急に横が気になって窓の外を見たら、一瞬鳥居が見えたんだよね

 

IMG_0786

何! 鳥居! 僕に黒いのつけたキツネの神社か!?

 

そうかもしれない、神社の場所憶えてるから家についたらネットで調べてみよう

 

と言うのです。

帰ってから早速その鳥居の神社を調べてみました。

そこは稲荷神社ではなかったのですが、敷地内に末社として小さなお稲荷さんがありました。

 

IMG_0787

 

そのお稲荷さんの写真をネットでみつけ、それを視た彩楓が

 

ここだわ、完璧にここのキツネだわ

 

IMG_0788

 

しかしその神社に僕はまったく心当たりがありませんでした。

行った事も、近くを通りかかった覚えもありません。(覚えがないだけで通ったのかもしれませんが)

しかしなにはともあれ、キツネさんの特定ができたのは大きな収穫でした。

 

当然僕は、すぐにその神社に行こうと提案しました。

 

IMG_0789

 

しかし彩楓は・・・

 

IMG_0790

 

興奮している僕に対して、彩楓はなんだか冷めているというか気乗りしない様子でしたが、

とにかく次回、一緒にその神社に行く事になりました。

 

つづく

 

ともあれ、僕達のそんな激動つゆ知らず、息子はこの物件巡りに同行してくれたお姉さん達をいたく気に入っていました。

あれから一週間くらい

 

IMG_0784

 

と言っていました。

同行いただいたお姉さんお母さん本当にありがとうございましたo(_ _)o

お稲荷さんの豆豆!

ゴールデン! 優次です(´∀`)

ちょっとここで一息、皆さんコーヒーでも紅茶でも、お好みな飲みものをどうぞ

ふふ、僕のおごりですよ( ,_ノ` )y━・~~~

皆さんの家のキッチンに置いておきました。好きなのをとってきてください。

 

旦 匸P t[]

 

さて、ゴールデンウイークといえばお稲荷さんですね!

僕は今回のコンコン事件に際して、お稲荷さんについていろいろ調べてみました。

すると「へー、そーなのかー」と思う事がいろいろあったので、ここに簡単なまとめを書いておこうと思います。

 

僕は今まで、「お稲荷さんはキツネの神社で油揚げを供えるもの」くらいにしか思っていませんでした。

 

imagesE1ONU1JM0013_2

 

しかしそれは違ったのです。

キツネはあくまでも使いで、神様は別だそうです。

普通の神社にも狛犬がいますが、狛犬が神様ではありません。それと同じ事のようです。

なので、キツネに油揚げを供えたりする行為は、神様を抜きにして使いのキツネを餌付けするようなものです。

キツネは普通の動物霊としてのキツネの霊とは勿論違う(彩楓談)のですが、どうも俗な部分も多いようです。

今回僕も黒い念を憑けられたわけですし・・・

 

お稲荷さんが祟り神みたいに怖いものとされる背景には、本来使いであるキツネを神様のように崇め、神様抜きで人間とキツネが勝手にやりとりするために生まれるのかもしれません。

 

さらに、お稲荷さんには大別して2系統あるようです。

 

まずは神道のお稲荷さんです。

祭神として、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)や保食神(うけもちのかみ)などが祀られています。

 

artcity2012-img600x450-139537296757zik922693無題

 

次に、仏教のお稲荷さんです。

お寺の中に赤い鳥居があり、お稲荷さんが祀られている事があります。

豊川稲荷などその代表ですが、祀られているのは神道の稲荷神とは別の存在です。

 

寺院で祀られている稲荷神はインドから来た荼枳尼天(だきにてん)という魔女、夜叉だそうです。

 

134166857149080

 

魔女、夜叉という通り神様そのものが少し恐ろしい側面があるようです。

 

神道の稲荷神、仏教の稲荷神、まったく別の神様なのですが、これらに共通するのがキツネです。

両方ともキツネを使いにしているのです。

キツネを使いにしている神様ということで、神道だろうが仏教だろうが同じような神様として同一視されていったようです。

 

お稲荷さんと一言で言っても、神道系なのか仏教系なのかでまず違うし、神様そのものを拝むのか使いのキツネを拝むのかでもまた違うようです。

 

つまり大別すると、4パターンの稲荷信仰がある事になります。

 

①神道の稲荷神(宇迦之御魂神、保食神)

②神道の稲荷神の使いのキツネ

③仏教の稲荷神(荼枳尼天)

④仏教の稲荷神の使いのキツネ

 

お稲荷さんを拝んでおられる方は、自分が拝んでいるお稲荷さんがどのお稲荷さんなのか、一度確認してみるのがいいかもしれませんよ!

プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。