スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロッタストーン

こんにちは、優次です(*^-^*)


突然ですがみなさん、ヒロッタストーンをご存知でしょうか?


これがヒロッタストーンです。
stone1

一見なんの変哲もない石ころですが、実はただの石ころです。
それでは、僕がこの石を拾った経緯をお話しします。
2年くらい前の肌寒い季節に、僕は整地の仕事をしていました。


image
seiti

写真のような規模ではないですが、ある民家の庭を、庭木や庭石を撤去して更地にする作業をしていました。
ユンボで庭石や木をガンガン掘り出している状態で、地面はボコボコで歩くと足跡がズボズボつく状態の時です。
その庭を歩いていると、足先にこの小さな石ころをみつけました。
色も土の色と同系色なので目立たないのですが、なんとなく目に止まり拾いました。
そして、「ああ、つるんとした石だなあ」と眺め、そのままポイっと捨てました。大きい石なら集めて撤去するのですが、こんな小さな石ならユンボが走り回ってるうちに土に埋まって隠れてしまうからです。

そしてまた数時間後、庭を歩いているとまたこの石が目にとまりました。
庭木や石をほじくり返し、ユンボも走り回っているのに埋まりもせず、他の誰かによって撤去場所に捨てられもせず、嵐の海に浮かぶ小舟のごとく、凸凹地面の上にひょっこり落ちていました。

また拾い上げ、「ああ、さっきの石だ、また見つけちゃうなんてすごい確率だろうな」
と思いながら、再びポイ。さっさと作業を進めます。

しかし翌日、仕事もどんどん進み、地面の形もだいぶ整形され新しい砂を撒くような段階になって、またしても僕の視線の先にコロっとこの石が落ちているのです。
さすがに僕も持ち帰ろうと思いポケットに入れました。
この瞬間、ただの石ころはヒロッタストーンとなったのです。
するとその日の仕事終わりに、庭の持ち主のおばあさんから1000円もらいました。

ヒロッタストーンのご利益か?

家に持って帰ったら、犬のイヌエルが大興奮して石に飛びつきました。
くわえて巣に運び、ペロペロと舐めたり齧ったりしていました。
喉に詰まると大変なので取り上げて保管しているのですが、
たまに与えると嬉しそうに舐めています。


stone2

鉄分補給になるのかな?

スポンサーサイト

重ね巻きブレス試作 幽霊と暮らす⑨

こんばんわ 優次です(*´ー`*)


革紐でブレスを試作しました。10mm玉で2重巻きにつくったのでちょっとゴツいです。

kasane03kasane02kasane01

色々なデザインにチャレンジしてレパートリーを増やしていきたいです

話は変わりますが「悪の教典」のDVDを借りたわけですが、息子がいつも夜更かしなのでいつまでも見る事ができません。
今日もまだ起きていて歩きまわっています。
昼寝が長すぎるのではないかと思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
そんなこんなで⑧の続き


mansion

無事に幽霊部屋から斜め上の部屋に引っ越した僕、
窓から幽霊部屋の玄関が見下ろせるので、しょっちゅう観察していました。
すると、僕が転居して一月くらいで、20代の女の子が一人で入居したようです。
どうなるかなーっと思って観察を続けていましたが、女の子は


10日くらいで引っ越していきました。


あー、やっぱりなー、大家さんは礼金が儲かっていいなー、と思いました。
次に、4,50代のおじさんが一人で入居しました。

そのおじさんは結局僕がマンションを出るまでずーっと住んでいました。(2年くらい)
まったく霊を感じないのか、感じながらも折り合いをつけているのか・・・
その後はわかりません。


でもこういう経験があって、子供の頃心霊番組なんか見て幽霊をすごく怖がっていた僕ですが、今では以前ほど怖くはありません。
未知であるからこそ怖かったのだと思います。
自分の肌身で多少なりともその存在の片鱗を感じた事で、少しは既知の部分ができ、それが恐怖を和らげていると思います。


よく考えたら、霊だって元々生きた人間だったのであって(そうじゃない霊的存在もあるのでしょうが)
死んで魂だけになった存在より、魂とさらに肉体までも兼ね備えた自分のほうがより大きな存在なのではないかと思うようになりました。

幽霊と暮らす⑧

こんにちわー 優次です(´―`;)
暑いので、スイカを食べます。
鳥取のスイカはおいしいです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

⑦の続き

突如現れて突如帰った視える奴、Bによって南の窓のとこというより

天井の隅にいる事がわかった霊。
しかし相変わらず何の手立てもなくついつい同居状態のままの僕。

ある日、そんな僕を新たな行動に駆り立てる事件が起こりました。

いつもどおり寝ていた僕、
いつもどおり金縛りにあい
いつもどおりヌリカベに押しつぶされ
ていたのですが、その日は霊のヤル気が違ったようです。

殺ル気スイッチがオンになっていたようです。
yaruki

呼吸ができません。

以下に、当時の僕の苦しみを表現しました。

うう、
ううううう
やべえ
こりゃあ
殺られる
ううううう
オラあ
死んで
まうだああああ
あうあうあうあうあうううう
く・く・く・苦しいいいいいいいい・・・

感覚的には、多分1分くらい呼吸ができなかったと思います。
パッと呼吸が戻り、金縛りも解けました。
布団から半身だけ起こし、

俺を殺そうとしている。こんなヤツと同居はできねえ!


と思い、同棲解消を決意しました。


その日の昼だか次の日だか、学校に行こうと部屋を出ると
斜め上の部屋が空き部屋になっているのを見つけました。
ああ、あそこに引っ越せたら同棲解消できるな・・・と思っていたら、
大家さん(バアちゃん)がトコトコ歩いてくるのが見えました。
大家さんに近づき、早速交渉しました。


結果、来月から家賃がちょっと(たしか2千とか3千くらいだった)上がるだけで、出る部屋の清掃費とかもなく引っ越せました。


こうして、僕は霊との同居を解消する事ができました。
めでたしめでたし・・・

後日談

マンション全体は上から見るとコの字型の建物なので、新しい部屋から以前の部屋の玄関が見下ろせるんです。


mansion

 

 

ちょっとだけつづく

幽霊と暮らす⑦

こんばんわー 優次でーすε( ´,_つ`)3
先日、本屋に行きましたら、乙一の新刊が出てたので図書館で借りようと思っています。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
⑥の続き

ずるずると霊と同居していた僕
ある日、バイト先の友人(A)を部屋に呼んだら、
僕の知らない別の友達(B)と二人でやってきました。


勝手にドアを開け僕の部屋に入ってくるA、その後ろに初対面のB


僕「あれ? 二人?」

A「うん、友達のB」

B「お邪魔しまーす」

ズカズカと玄関からDKを抜け、居間に入ってくる二人、
と、、、Aに続いて居間に入ったB、入った瞬間に天井の一角を見上げて

B「あっ、ここんち・・・」

image写真(実際の部屋の写真ではありません)
tenjo

何か言いかけて黙ってしまうB、ずっと天井の隅を見つめたままです。
heya03

僕「え? 何? どうかした?」


B「いや、何でもない、気にしないで」


僕「えー、気になるから言ってよ」


B「いえいえ! いいんです。ごめんなさい、あ電話だ」


と、丁度タイミングよくBの携帯が鳴り、携帯で話し始めるB
通話が終わると、「ちょっと用事できたんで帰るわ」

Aの車で二人できたのに、「電車で帰る」と言ってさっさと部屋から出て行ってしまうB。

残されてポカーン状態の僕とA・・・
そのときAが一言

「Bは、みえるヤツなんだよね、大丈夫? この部屋・・・」

怪奇現象の話はバイト先でした事はなかったので、Aが知っているはずもなく、
当然Bが知っているはずがありません。
Bが凝視していた場所は僕が以前から霊がいる場所と思っていた南の窓の近く。
Bはそこに居る「何か」を視てしまったと思われます。


Bが視てすぐに逃げるように帰った事を考えると、

やはりこの部屋の霊はマズい奴だなと思い始める僕。
Aに、「実は・・・」とこれまでの事を話すと、茶化すことなく真剣に聞いてくれました。
Bの態度から本当だとわかったのでしょう。

 

つづく!

幽霊と暮らす⑥

お久ぶりでーす! 優次です。
椅子が歪んでいて座ると気持ち悪いです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

⑤の続き

やはり、ド素人の僕が適当な知識で除霊してみても無駄だったようです。
ただ怒らせただけのようです。
金縛りも仕掛けてきます。
しかしその霊が嫌になっていた僕は、前触れの「ビキーンィンィンイン」の時に抵抗するようになりました。
すると穴には落ちていかないのですが、
これぞ、「THE・金縛り!」というようなコテコテの金縛りにあうようになりました。
体はまったく動かず、前みたいに頑張っても解けません。


するとそのうちヌリカベが倒れてくるのです。

body01

 

自分の目は閉じていて何も見えないのですが、体の感覚はあります。
その身体感覚で感じるイメージとしては、
足先から、重い空気というかゼリーみたいのものに押しつぶされるのです。
まるで、寝ている自分の足の先にヌリカベが立っていて、それがひしゃげながらゆっくりと自分の上に倒れこんでくる感じなのです。
この金縛りはキツくて、頭の先まですっかり潰されるともうどうしようもなく、
仕方ないので寝てしまいます。

除霊もすっかり諦め、どうにかしなければと思いながらも何もせず過ごしていたある日、
友達Aが、僕の知らない自分の友達Bを連れて僕の部屋に遊びにきました。

 

つづく!

プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。