スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても石から妖精が飛び出してきたのです~霊視クイズもあるよ~

先日、石から妖精が飛び出してきた記事を書きましたが、

これは、その二週間後くらいに、別の石から別の妖精が出て来たときの話です。


radra0.jpg


年末にクローゼットを整理していた彩楓は、積み重ねられたいくつかの箱をみつけました。
それはパワーストーンの入った箱で、以前買ったまま放置されていたのもでした。
一つ一つ開けて中を確認してみると、それぞれ個性的なエネルギーを持った石達が出てきました。


●ムンクの叫びの顔だけを切り取ったような内包物たくさんの水晶
●小ぶりな手のひらサイズのクラスター
●恐竜の爪の化石みたいなラブラドライト


それぞれを最適な場所に

彩楓は石達の霊視をし、それぞれを家の中の最適な場所に置いていきました。
ムンクの水晶はストイックな修行僧のようなエネルギーだったので仕事部屋に。
手のひらサイズのクラスターは穏やかな浄化能力とかわいい見た目からセッションルームへ。
恐竜の爪のラブラドライトは男性的な強い剛の浄化エネルギーだったので寝室の鬼門へ。


radra1.jpg


それぞれが収まるべきところへキレイに収まった!
そう思った妻でしたが、箱はもう一つありました。
その中に入っていたのは、大きめの三角おにぎりみたいなラブラドライト。


霊視してみると・・・

霊視するとエネルギーは、とても強い浄化能力。
小さいながらも恐竜の爪のラブラドライトと同じくらいのエネルギーを持っていました。
ただしエネルギーの質は剛でも柔でもないその中間くらい。
さてこれはどこに置こうか。
少し考えてみましたが、いい置き場所が思いつきません。
しかし我が家に来た石は必ず行き場所があって来ているのです。
家の中にないのなら、これが必要な人が必ずいるという事だ。
そこで彩楓は三角オニギリのラブラドライトをネットショップに出品することにしました。


とりあえず書斎の棚に置いておいたら・・・

彩楓は、出品準備ができるまで、とりあえず書斎の棚に石を置いておきました。
僕は彩楓からその石の写真を撮るように言われていたのですが、つい忘れてそのまま放置していました。
石を棚に置いたまま2,3日経った頃、彩楓がこんな事を言ってきました。


「今度はこの石から妖精出てきたわ」

え? 珠海さんみたいなの?

「いや、いちいちムカつく感じのやつ
 なんか小言を言ってくるんだよ
 正しい事言ってくるんだけど言い方が人をおちょくるような感じでムカつく」


彩楓によるとその妖精は、例えばこんな小言を言ってくるそうです。
こまめに片付けた方がいいのは分かっているけど、
つい飲み終わったマグカップをデスクに放置していたりすると、


「ほらほらまーた置きっぱなし、そんなだから部屋が汚れてくんだよ」


いちいちこんな感じでウザいそうです。
見た目もいかにも小生意気な感じだというので、彩楓に描いてもらいました。


radra2.jpg


確かにクルクルヘアと口元の微笑が生意気そうな印象です。
それはともかく、生意気な妖精付きの石として売るべきなのか。
売れたとしても石を送った先では妖精が出てこなくなるかもしれません。
どうしたものかと悩みながらも、とりあえず出品用の写真を撮りました。
何枚か撮ったのですが、彩楓に見せるとそのうちの一枚に妖精のエネルギーが写っているとのこと。
妖精そのものは写ってないのですが、今まさに石から妖精が出てこようとしているエネルギーのほとばしりのようなものだそうです。


というわけで霊視クイズです

次の写真のうち、どれに妖精のエネルギーが写っているでしょうか。


radra3.jpg


答えは記事の最後にあります。


やはり行き先は決まっていた

結局この石、売る前から売れていきました。
写真を撮ったその日の夜に、妻がお客さんと電話セッションをしている中で、
なんとなくこの生意気妖精の話をしたら、


「絶対に欲しい、ショップには出さないでほしい」


と言われたのです。
その方は妖精がとても大好きだそうで、しかもこういう小言キャラを必要としていたとのこと。


彩楓が「本当ですか? こんな生意気なのでいいんですか?」


と言ったら



「妖精をウザがるなんて、贅沢ですよ!」


と怒られたそうです。


命名「ラドラ」ちゃん

後日、石の発送準備をしていると、買ってくれたお客様から連絡があり、
既に妖精の名前も決めて受け入れ準備は万端とのこと。
名前は「ラドラ」だそうです。
どんだけ愛されてんだ・・・彩楓とお客さんの温度差すごいなぁ・・・
と思いながら梱包しました。
発送後、彩楓の元にお客様から写真が届きました。
彩楓が霊視すると、石が妖精界とのゲートストーンとしてパワーアップしており、
さらにゲートがばっちり開いて妖精界と繋がっている瞬間の写真になっていました。
クイズの写真より強くハッキリと妖精のエネルギーが出ているそうです。
その写真を、お客様に了承を得て公開します。


radra4.jpg


湧き水で週に一回は浄化をされているそうです。
とても大切にされ、愛情を持って接し、話しかけられているようで、
彩楓いわく、そんな環境でラドラの態度も変わっているようです。
ウチにいて彩楓にウザがられプンスカしながら嫌味たらしく小言を言っていたラドラではなく、
相変わらず口数は多いものの、励ましたり褒めたりするデレキャラになっているようです。
結局ラドラは、最初からこのお客さんのところに行くつもりでウチに出てきたんだと思います。
彩楓が視るとこのお客さんとラドラの相性、最高にバッチリなんだって!
-----------------------------------------------------------------------------------------------
クイズの答え B

radra.jpg

スポンサーサイト

石から妖精が飛び出して来た話

2017年の末、僕が書斎に入ると、妻が椅子ごと振り返りながらこんな事を言い出した。

「ねーねー、今さー、この石から妖精が出てきてね」

tamami01.jpg


妖精について詳しく聞いてみると・・・

妖精・・・?だと・・・!
どんな妖精なのか聞いてみると、


●虫みたいに小さくて、色は太平洋のマリンブルー
●テンション高めで声も甲高く、ローラのような喋り方
●名前は珠海(たまみ)


というらしい。
その名前は妖精が名乗ったのか?
漢字つきで?


「うん、何となく棚の石が気になったから
手にとって磨いてたら突然
『足をキレイにするとハッピー♪』
ってローラみたいな喋り方でメッセージが聞こえて
石からピューって丸い妖精が出てきたと思ったら
頭の中に漢字で「珠海」って浮かんで、
その後妖精みてたら、
小さな球(魂)に海が凝縮されて入ってる!
って感じたんだよね。
それで自分の足を見てみたらさ、踵が乾燥してガビガビだったんだよ!」


妻は椅子の背もたれにそり返り、踵を掌でペチペチと叩きながらそう言った。
珠海さんのセリフのところはローラのモノマネらしきものをしていた。

tamami00.jpg


妖精が出てきた石について

妖精が出てきた石は元々我が家にあったもので、
僕用に神様がチューニングしてくれたセレスタイトの丸玉だ。

tamami03.jpg


なぜこの石から? 僕用の石から出てきたのだから僕用の妖精なのか?
妻に聞いてみると、

「別にあんたのための妖精って事じゃない」

だそうだ。
少しガッカリしながらも、何故この石から突然出てくるようになったか妻に聞いてみたが、それはわからないという。
しかし石に妖精が入っているという事ではなく、石の氣を寄り代にして飛び出してくる感じだという。
つまり妖精からすればワープポイントを石が作ってくれているということだろうか。
だとすれば神社と神様の関係と同じようなものかもしれない。


妖精に聞いた「簡単! 運気UPの方法」

何はともあれ、妻が珠海さんから聞いた「簡単運気アップ法」は以下のものだ。

tamamihappy.jpg


それにしてもこのセレスタイト、元々僕に合った気を発しているうえに、それを神様にチューニングしてもらい、
さらに妖精まで出てくるようになるとは、なんともすごいスペシャルでミラクルなストーンではないか。


霊能者の価値観はちょっとおかしい

僕はおもむろにセレスタイトを手にとり、


「珠海ちゃ~ん」


と言いながら撫で回してみた。
しかしそれを見ていた妻は


「いやいやキモイわ急に、普段から磨いたりしろよ」


などと言う。


「何を言うか、妖精までも出てきたとなればこれまでと扱いが変わるのも当然だろう」


と言い返したが、妻はキョトンとした顔で


「は? 妖精とかそんな嬉しいもんなの?」


などと白けた事を言う。
どうにも生まれつき霊能力がある人間というものは価値観がおかしい。
マリンブルーの妖精ちゃんを、まるで道でみつけた野良猫、程度の認識しかないようだ。
昔から妖精をしょっちゅう見かけていれば、そういう風にもなってしまうのだろうか。


「いやいやいや、妖精とか面白いし好きな人も多いでしょ」


と言うと


「ええ? 私妖精ってあんま好きじゃないんだよなー、妖精好きなんて本当にそんないるかな」


と、またがっかりするような事を言う。
いいから今度から妖精とか見かけたらちゃんと覚えておいて僕に教えたりブログやSNSに書くように言っておいた。
妻はその後ブログに珠海さんの記事を書いたが、そのせいかどうかはわからないが、
その後、別の石から別の妖精が出てくるようになった。
と、いうわけで、その話はまた次回。
それでは!

龍神祭りだワッショイショーい!

昨日の午後、彩楓と一緒にスーパーに行き、その帰りに車を運転していると、

助手席の彩楓が窓から外をマジマジと見ては何度も写真を撮っていた。

何事かと聞くと

「今日は空が龍神だらけだ、龍神に包囲されてるみたいだわ」

だそうだ。

種類は金龍らしい。

彩楓がコンビニに行きたいというのでコンビニに寄った。

僕は車で待っていようとしたが、彩楓は車を降りながら

 

「ちょっと道の向こうまで歩いていって

そっちからあっちの空の写真撮っといて

ピントとかホワイトバランス弄って何枚もね」

 

と言って自分はコンビニに入っていった。

言われた通りに何枚か撮った写真が以下のものだ。

 

これは言われた方角ではないが細長い雲が面白かったので撮った

IMG_1611

 

IMG_1612

 

IMG_1613

 

IMG_1614

 

IMG_1615

 

IMG_1616

 

IMG_1617

 

IMG_1618

 

金龍のオラオラ系のエネルギーがバツンバツン出ているらしいです。

例えるなら金龍は織田信長、白龍は徳川家康といった感じだそう。

伊賀市 春日神社 すす払いが・・・

今日は午前中に洗車に行った。

その帰りに彩楓が


「あ、この先に春日神社ってあるよね、行ったことないから行ってみようか」


と言い出した。

そんな神社あったっけ?

しょっちゅう通る道だが僕にはまったく覚えがなかった。


「あるよ、この先に看板あるから。前からちょっと気にはなってたんだよね」


彩楓の言うとおり、車を走らせると道すがらに小さな古ぼけた看板が出ていた。

看板には「春日神社」と出ていた。

その方向に曲がり、農道を少し進むと、看板のショボさとは裏腹に、意外にも広い敷地の神社があった。

IMG_1393.jpg


神社と寺が隣り合っていて、習合時代が感じられる場所だ。

こんなとこにこんな大きな神社があった事に驚きながら、とりあえず参拝してみる。

IMG_1394.jpg


柏手を打ち集中すると、青い衣の仏像顔のイメージが浮かんだ。

参拝後に彩楓にそう言ってみると、


「何それ、おっさんの神様だったよ。オフロスキーみたいなキャラの」


オフロスキーだと・・・・

オフロスキー


何か言ってたの?


「『ああ、来たの、うんうん』みたいな軽い感じで、『すす払いが・・・』って言ってたわ」


すす払い? そういえばなんか小汚い感じだったな・・・

神様がそう言ってんならちょっと掃除してあげようよ。

僕は勝手に拝殿に上がって掃除道具を探した。

物置スペースに竹箒があった。

それを使って梁のあたりの蜘蛛の巣を手の届く範囲で払いはじめると・・・

1397up.jpg


彩楓は「くしゃみ出そうだから退散するわ」と逃げてしまった。

ほんの3分程度の蜘蛛の巣払いだったが、何もしないよりはいいだろう。

竹箒を元の位置に仕舞って拝殿を後にし、先に摂社に参拝していた彩楓と合流した。

IMG_1396.jpg


「さっき優次がすす払いしてるときオフロスキーの神様が、『あー、ありがとう』って言ってたよ」


この地域は老人ばかりで掃除する人もいなくなってるんだろうか。


「そうだね、この神社ももっと掃除とかちゃんとして管理すれば神様ももっと力を発揮できて

 この地域の人もその恩恵を受けられるのにね」


僕の脳裏に、神様が降りられなくなり悪霊に乗っ取られた神社の事がよぎった。

ここはまだギリギリ耐えている感じだ。

年に数回の例祭や年末の大掃除などはやっているのだろう。

しかしそれも、さらに地域の高齢化が進めばどうなってしまうのだろう。

こんな神社が全国にたくさんあるんだろうな。

そんなことを思いながら、摂社に参拝した。

風神雷神みたいなので全身赤いイメージが浮かんだ。

ただ顔は穏やかだった。

それを彩楓に言うと、「ん、女性神だったよここ」と言われた。


MISOGIが変わった事について

おひさしぶりっちょ優次ちゃんでーす!

 

MISOGIが変わった事の顛末を記しておきます。

まずそもそも石ですね。

石をですね、艮神社で調整してもらおうと思ったら、艮の巨石と同じ役割が僕にできるって艮神社の神様に言われたんですね。

そんで家でやってみたら石の調節が本当にできたんです。

それを2016玉ちゃんセットとしてお届けしました。

 

さてそこで、石もできるなら水もできるのかな?って思ってたらですね、

犬山に隠者さん達がいるんですが、それとはまた別派閥だと思うんですけど、

若い女性の精霊さんみたいなのが出てきて歌とか教えてもらってたんですね。

 

見た目はこのような光ですが、キャラ的に若い女性だそうです。

フェアリーさん

 

その精霊さんをフェアリーさんと呼んでるわけですが、

フェアリーさんが我が家に出てきてですね、

水を調整する呪文とか曼荼羅を教えてくれたんですね。

その通りにやってみたらすごいスッキリしゃっきりクリーン水ができたわけです。

ただこれは26日っていう使用期限があるわけですが、

でも面白いのがですね、

この呪術というか儀式で水を作るとですね、そのときどきで違いがあるんですね。

基本は白い光に包まれて変化するんですけど、

ある時は白い光がバラみたいな花の形になったり、

黄金の光が混ざったり、緑の光がまざったり、

注文者さんによって、また注文者さんのその時の状況によって、

それぞれ適した調整になっているんだと思います。

 

と、いうわけで、MISOGI2016でしたー。

プロフィール

望月優次

Author:望月優次

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。